家族葬・火葬式情報案内センターは、家族葬・火葬式のお葬式を専門の相談員が24時間しっかりサポート致します。
家族葬火葬式情報案内センター
皆様の悩みを解決するために、相談員の体験談〜実際にご利用になられた方からのアドバイスなどをブログに掲載しています。ぜひ参考にしてみて下さい。
●自宅
近年は首都圏を中心に自宅での葬儀は減少しております。しかし、地域の風習や、故人を自宅から見送ってあげたいという心情や費用を抑えたいというニーズがあります。自宅での葬儀はお部屋の確保がいくつか必要になってきます。
祭壇を置く部屋・焼香をする部屋・弔問の人がお料理を食べる部屋・また宗教者を呼んだ場合には宗教者のお部屋など、いくつかの部屋の準備が必要となってきます。

●公営斎場
市区町村が運営・管理をしている斎場で、場所だけの提供をする形になります。
公営の斎場なので、費用は民営斎場や寺院斎場に比べると確実に安く抑えられます。
ただし、住民票の有無などの一定の規定があることが一般的です。

●民営斎場
民間企業が葬儀に特化している斎場を作り、管理・運営をしています。葬儀斎場に特化をしているため、宿泊の施設や、会食の施設、宗教者の控室なども用意されているケースが多く、建物のデザインに趣向を凝らしたものもあります。特定の葬儀社の自社斎場でなく貸し斎場のですので、基本的にどこの葬儀社でも利用できます。

●葬儀社の自社斎場
葬儀社が自社で持っている斎場です。基本的にはその斎場を経営している葬儀社へ依頼することになります。民間斎場と同様に葬儀斎場として機能をしているため、宿泊施設や会食の設置、宗教者の控え室などが用意されています。公営斎場や民間斎場とは異なり多少の融通がききます。

●寺院斎場
寺院斎場での葬儀は、2通りあります。本堂で行う場合と別途の葬祭用の斎場で行う場合があります。一般的には本堂を使えるのはその寺院の檀家だけとなります。別途離れの斎場は檀家でなくても使えるケースがあります。
費用は寺院や住職の考え方によっても変わりますが、一般的に30万〜50万円位を一つ目安にされるといいと思います。


ホームページ お問い合わせ ご紹介・見積りフォーム ページトップへ
copyright © 家族葬・火葬式情報案内センター All Rights Reserved.