家族葬・火葬式情報案内センターは、家族葬・火葬式のお葬式を専門の相談員が24時間しっかりサポート致します。
家族葬火葬式情報案内センター
皆様の悩みを解決するために、相談員の体験談〜実際にご利用になられた方からのアドバイスなどをブログに掲載しています。ぜひ参考にしてみて下さい。
HOW  MUCH?
葬儀費用」 これが一番分かりずらい、トラブルの元になる大きな要素です。よく「葬儀一式」「葬儀費用」という言葉をききますね。実は、葬儀社と消費者との認識にギャップがあるのです。

● 葬儀費用とは? ● 実費費用とは? ● 宗教者へのお礼とは?
葬儀費用とは、一般的に基本葬儀に必要なものを言います。分かりやすく言うと、葬儀社が直接用意をするものです。ここの部分は定価がなく、費用がバラバラです。ゆえに分かりずらくもあるのです。基本的にこの部分で葬儀社は利益を得ています。 実費費用とは、斎場使用料・火葬料・飲食接待費・返礼品・霊柩車等の部分です。一度、葬儀社が実費費用を立て替えておいて、後日葬儀費用と合わせて精算をするしくみがほとんどです。(時に喪家が料金を支払う場合もあります。) 宗教者へのお礼とは、お寺で言えばお布施にあたるものです。無宗教での葬儀は必要なくなります。例えば、お寺を呼んで、お経を読んで頂いたり、戒名をつけるとなった場合に必要になってきます。


図解を見ていただくと、お分かりになって頂けると思いますが、葬儀社の言う「 葬儀一式」「葬儀費用」 という表現は、基本的葬儀に必要なもの(葬儀費用)ということです。料理や返礼品等の実費費用は入っていないということを念頭において、理解をされておかれたら間違いないと思います。葬儀費用だけで安い高いを判断したり、見積比較検討をしてしまうと、葬儀後にびっくりするくらいの請求書を見ることになりかねません。見積の比較検討をする時は、かならず、「葬儀費用」「実費費用」を出して比較検討することをしてくださいね。
(※お寺へのお布施などは菩提寺や読経をお願いする場面によっても変わってきますのでここでは入れていません)


ホームページ お問い合わせ ご紹介・見積りフォーム ページトップへ
copyright © 家族葬・火葬式情報案内センター All Rights Reserved.